Kid Feshion

布製のキッズシューズが一押し|子供でも履きやすい

つま先に余裕を持たせる

どのように選ぶか

親子

キッズシューズを選ぶには、一つの基準があります。
踵がしっかりしていてクッション性が高いこと、つま先に10ミリの余裕を持つことです。
踵がしっかりしていてクッション性が高いことは、赤ちゃんや子供の足を守る上で重要です。
また、つま先の余裕は、子供の足の成長とフィット性を考えてのことです。
キッズシューズを選ぶのは、一般の人には難しい点があります。
幾らくらいの靴を買えば良いのか、機能的にしっかりしているキッズシューズはどのような物か、新米ママにとっては分からないことだらけです。
キッズシューズに関する情報サイトには、毎日大勢の訪問者がやって来ます。
サイト内の知識には重要なことが数多く含まれています。
その中でも特に大事なことは、自分の子供の足のサイズを正確に知ることです。
キッズシューズを購入する時は、足のサイズの測定ができる店員のいるお店が最適です。
また、近くにそのようなお店がない場合は、簡易フットスケールをダウンロードして、子供の足のサイズを測ることができます。
そして、何よりも大切なことは、お店で実際に子供に靴を履かせて歩いてもらうことです。
サイズが正確、足にぴったりで歩きやすい、この条件がそろった靴が最適な子供靴と言えます。
サイトの有用な情報を手に入れて、目から鱗が落ちたという保護者も多いと言います。
子供靴を選ぶ際には、価格やデザインに惑わされずに、子供が安全に歩けることを最優先で選ぶことです。

足に合わない物は注意

親子

赤ちゃんは、1歳を過ぎる頃になると、歩き始める子供が多くなります。
歩き始めた我が子にキッズシューズをと考える親御さんも多いことでしょう。
ただ、この時期は体と共に足も成長していく時期です。
赤ちゃんにキッズシューズを選ぶ時は、子供の足に合った靴を選ぶことが大切です。
それでは、赤ちゃんに合うキッズシューズとは、どのような物でしょうか。
最初の段階では、関単に履けるという理由でサンダルを与える親御さんが多いといいます。
サンダル形式の靴を履かせるのであれば、バックバンド付きで、踵や甲の部分のサイズを調節できる物が好ましいところです。
バックバンドがないタイプは、足が固定されないので、普段履きには危険です。
脱げやすい上に、足を引きずるような歩き方になってしまいますので、スリッパタイプやゴム草履などは避けるべきです。
また、キッズシューズには、ハイカットとローカットの物がありますが、一般的にハイカットの靴の方が赤ちゃんには適していると言われています。
その理由は、足首が安定してねん挫などの事故が起こりにくいからです。
さらに、靴の中で足がつま先側にずれにくく、足の指を傷める心配も少ないとされています。
しかし、ハイカットの靴は、足首を曲げる時に余分な力が必要になり、自然な動きを妨げる原因にもなります。
足に問題のない子供さんが履くのであれば、ローカットの方が良いでしょう。
靴は足を守る物という観点から、それぞれの子供さんに合う物を選ぶことが大事です。

重要なのはサイズチェック

ベビーシューズ

子供の足の成長は早く、最初に靴を履き始める赤ちゃんの頃から履かせるキッズシューズには、こまめなサイズチェックが必要です。
キッズシューズはサイズがきちんと合っているものを履かないと、子供の足の成長を妨げになったり、歩き方や走り方に影響が出てしまいます。
子供の靴を専門に取り扱っている店舗では、無料で子供の足のサイズを測ってくれるサービスを行っているところも多いです。
計測の頻度としては3カ月程度が最適と言われており、計測の結果に応じて必要であればキッズシューズの買い替えもした方が良いです。
小さな子供に足の計測をさせるのは難しいように感じますが、デジタルの計測機を使用している場合が多いので、台の上に乗るだけで正確な計測ができます。
また計測した結果を記録しておくことで、後に子供の成長を知る記録にもなります。
計測後、店員さんがこの足のサイズならキッズシューズのサイズはこのくらいがいいです、というようにアドバイスもくれます。
すぐに成長してしまうからといってサイズの大きすぎる靴を履かせるのも、子供の足には良くありませんのでぴったりのサイズのものを選びましょう。
赤ちゃんから2歳くらいまではまだ言葉でコミュニケーションを取るのは難しく、上手に自分の意思を伝えることができませんから、もし靴がきつくなっていても早めに気づいてあげられないかもしれません。
定期的に靴のサイズを見直す機会を作ることで常に子供の足のサイズに合ったキッズシューズを履かせることができるのです。