Kid Feshion

布製のキッズシューズが一押し|子供でも履きやすい

赤ちゃんが歩いたら迷う事

準備はいつから

ベビーシューズ

キッズシューズをいつから準備したらいいのか迷っていませんか。
立てるようになったらすぐ準備しなきゃと考える方もいるでしょうが、ある程度歩けるようになってからで大丈夫です。
歩き始めの頃は、まだ体の重心が安定していないため、よろけてしまったり転んでしまうことも多いです。
そのため、キッズシューズを履かせる前に家の中で裸足で歩く事を沢山練習させてあげましょう。
家の中で歩くのが上手になってから、お外で歩かせてあげるといいですね。
そのタイミングでキッズシューズを購入しても遅くありません。
また、赤ちゃんの足は日々成長しています。
早めに買っておいても、歩くのが上手になったからいざ履かせようといったときに、サイズが合わないという事もあります。
これから外で履くというタイミングで、きちんと計測をして購入しましょう。
キッズシューズを準備するのに、もう一つ注意点があります。
安いものではないからと、親戚や友人からお古を譲ってもらったり、上の子のお下がりを履かせようと思っていませんか。
履いていないものであればいいのですが、他の子が履いたものは注意が必要です。
なぜならキッズシューズに必要なクッション性が、履き古したものですと無くなっている可能性があるからです。
また履いているうちに形が変わってくるので、お下がりのキッズシューズによって歩き方の癖や足の形がうつってしまう事もあるのです。
赤ちゃんの成長に必要なキッズシューズは、慌てずに是非その子の足にぴったりのものを選んであげて下さいね。

良い靴を選ぶには

ベビーシューズ

赤ちゃんがよちよち歩きをするようになると、どこの親御さんもキッズシューズの購入を考えます。
今は、様々なキッズシューズが出回っているので、どれを買おうかと迷う人も多いといいます。
ここで注意しなくてはいけないのは、人気のあるキッズシューズが必ず良い靴とは言えない点です。
売れている靴、皆が履いている靴を選ぶよりも、自分の子供に合った物を選ぶことです。
キッズシューズは結構値段が張りますが、高いから良い靴という訳ではありません。
子供にとって良い靴とは、0.5センチほどの余裕があって、足全体を無理なく包み込んでいるタイプです。
足の甲や踵がしっかり包み込まれていることで、安全に足の動きをサポートしてくれるのです。
子供は成長するからと言って、大きめの靴を買い与える親御さんも多いと言われますが、これは考え物です。
靴が緩いと、靴の中で足が動いてしまい、足を引きずるような動きをするようになってしまいます。
また、靴が脱げやすいことも事故に繋がります。
特に歩き始めた赤ちゃんには危険です。
キッズシューズは、子供の足に合った物を選ぶことが大事です。
また、お下がりの靴というのも感心できません。
履き古したキッズシューズは、中のクッション材が潰れています。
クッション性の悪くなった靴は、子供の足を傷めます。
そして、靴自体も履いていた人の歩き方によって変形しています。
そのようなお下がりの靴は、兄弟間でも履かせることはないようにしたいところです。

甲の高さ調整と靴底の固さ

親子

子供の足にきちんと合ったキッズシューズを選ぶことは、子供の成長にとってとても大切なことです。
選ぶ上で大切なことは、子供の足のサイズにぴったりとあったサイズのキッズシューズをえらぶことです。
実際子供の足はすぐに大きくなり、ジャストサイズで買った靴はすぐにサイズアウトしてしまうため、大きなサイズを購入してしまいがちです。
しかし大きすぎる靴は転びやすくなってしまいますし、小さすぎる靴は子供の足の成長に悪影響と与えます。
キッズシューズは子供の足を実測したサイズから0.5センチほど余裕を持った状態のものを選び、3、4カ月おきにサイズがあっているかチェックするようにしましょう。
また、子供はつま先で地面をつかむようにして歩くので、つま先は丸い形状で余裕があるものを選びます。
つま先に足を自由に動かせるスペースがあることが大切です。
さらに、足の甲の高さを調整することができる甲に紐がついた靴やマジックテープで固定できる靴を選びます。
子供の足のサイズは個人差が大きく、甲の高さもそれぞれです。
甲をしっかり固定することにより、自然な歩行やしっかり走ることができるので、それぞれの足の形にあわせて甲の高さを調整できるキッズシューズが望ましいです。
さらに靴底が適度に柔らかく、子供の歩行にあわせて自然に曲がるものを選びます。
靴底が正しく曲がらないと、うまく地面をけることができません。
このような点に注意してキッズシューズを選びます。