Kid Feshion

布製のキッズシューズが一押し|子供でも履きやすい

足を可愛く包む

はじめてのお靴

ベビーシューズ

赤ちゃんは日に日に成長していき、10ヵ月ごろからつかまり立ちやつたい歩きなどをする子も多いものです。
また、1歳ごろからは歩き始める子も居ます。
その姿はとても可愛らしく、また成長に感激する親御さんが多いのではないでしょうか。
赤ちゃんが足を使って移動し始める頃には、ぜひキッズシューズを用意してあげましょう。
キッズシューズは、読んで字のごとくお子さん向けの靴です。
大人の靴とは違い、布製のものもあります。
なぜ布製なのかと言いますと、赤ちゃんはずっと裸足や靴下で過ごしています。
そのため、硬い靴を履く感覚に慣れていないので、初めは嫌がる子が多いのです。
布製のキッズシューズであれば靴下とあまり変わらない感覚で履くことができますし、布製に慣れてきてあんよが上手になってきた辺りで合皮でゴム製ソールなどのしっかりしたものを用意してあげれば良いでしょう。
あんよし始めからかけっこするぐらいまでの時期は、大人の靴とほぼ同じ構造・素材のキッズシューズを用意してあげましょう。
お外を歩く時には小石や草などゴツゴツしたものを踏んで歩くことが多いからです。
ただし、あんよの妨げにならないようソールは柔らかく曲がりやすいものを選んであげましょう。
また、キッズシューズを選ぶ時にはベルクロ型のもので、履き口ががばっと開くものがおすすめです。
動きたがる赤ちゃんに紐靴を履かせるのはとても困難ですし、ベルクロであればサッと履かせて甲のサイズ調整も簡単です。
このように、赤ちゃんの成長に合わせたキッズシューズを選ぶことで、足の成長を促し、運動機能もアップしていきます。
また、成長が早いので、3ヶ月に1度はサイズをチェックしてあげましょう。

お散歩好きになる

ベビーシューズ

成長過程にある子供は大人とは違い、歩き慣れていません。
一般的なシューズを履かせると足を痛めるだけでなく、成長を阻害する可能性がありますのでキッズシューズを購入する必要があります。
キッズシューズは歩く衝撃を吸収する構造を取り入れているため、歩行訓練を始めたばかりの赤ちゃんにとってストレスになりません。
靴の表面だけでなく内部に弾力性がありますから、飛び跳ねるように歩いても足に響かないのです。
キッズシューズは大人よりも運動が激しい子供向けに作られているため、靴が脱げないように工夫されています。
道で転倒を防ぎたい場合は特に念入りにキッズシューズの種類を選び、マジックテープを取り付けているものを購入すると良いでしょう。
こうしたキッズシューズを履かせることによって子供が外出を楽しめるようにもなりますので、お買い物やお散歩の際に欠かせないのです。
また大人と子供の大きな違いと言えば成長の速度が上げられます。
大人であれば足のサイズピッタリのシューズを購入しますが、キッズシューズは爪先に余裕があるものを選びましょう。
赤ちゃん用品を専門的に販売しているお店であればスタッフに足を測ってもらえるため間違いがおきません。
フィット感の高いキッズシューズを手に入れたい場合は足の長さだけでなく幅も計測した上で選ぶと良いでしょう。
頻繁に子供と一緒に外出したい方であれば、子供が愛好しているキャラクター物のキッズシューズを手に入れましょう。

足に合わせて選びましょう

赤ちゃん

3歳までの子供の足はだいたい1年に1cmのペースで大きくなります。
そのため靴をまとめ買いするとすぐにサイズアウトしてしまうことになるので、キッズシューズは子供の成長に合わせてこまめに買い替えるようにしましょう。
キッズシューズを購入する際に大切なのがサイズ合わせです。
全長は5mmほど大きめのサイズを選ぶようにすれば、靴の中で指をしっかりと動かすことができるので地面を上手に蹴って歩くことができます。
また横幅や甲の高さを合わせることも大切です。
横幅や甲の高さが狭すぎる場合は足が圧迫されて歩きにくくなってしまいます。
また広すぎる場合は靴の中で足が左右にスライドして靴擦れしたり転倒事故を起こす要因ともなるので、キッズシューズは横幅や甲の高さにも注目しましょう。
キッズシューズは3足程度を用意しておくのが理想です。
子供の足は大人に比べてとても柔らかく変形しやすい特徴があります。
同じ靴ばかりを履いていると靴の形に合わせて足が変形しやすくなるため、偏平足や外反母趾などの原因になるほか骨の成長に影響が出てO脚にもなってしまうからです。
そのため足の変形を防ぐためにも靴は適度にローテーションして履かせましょう。
また靴をお下がりで使用するのは厳禁です。
まだ状態がきれいな靴は下の子にお下がりで使用したくなりますが、足の形は1人1人大きく違うものなのでそれぞれの子に合った靴を用意してあげることが大切です。
キッズシューズを購入する際は以上のポイントを踏まえたうえで、必ず試し履きをさせて様子を見てから購入するようにしましょう。